会員による劇場公開情報(dbi-inc.・隈本公伸)

音楽三田会会員・隈本公伸(dbi-inc.)が提供する公開情報のご案内です。

(以下、詳細)

世界的パンデミック禍、バレエの殿堂に訪れた葛藤と静寂
新エトワール誕生までの軌跡を追った情熱のドキュメンタリー

今年1月に開催されたフランス国際ドキュメンタリー映画祭(FIPADOC)にて観客賞に輝き、第40回モントリオール国際芸術映画祭(FIFA)にも正式出品され、「ダンスに捧げる感動的な抒情詩」 La vie、「舞台の魔法を魅せてくれる1本」 TT Téléramaと評価された、バレエの殿堂、パリ・オペラ座を舞台にした情熱のドキュメンタリー“Une saison (très) particulière”(原題)が邦題『新章パリ・オペラ座 特別なシーズンの始まり』として、8月19日(金)より、Bunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開することが決定致しました。

世界的パンデミック禍、パリ・オペラ座も静寂が支配していた。「1日休めば自分が気づき、2日休めば教師が気づく。3日休めば観客が気づく―」と言われるダンサーたちにとって、1日6~10時間踊っていた日常から突如切り離された日々は、過酷な試練であった。2020年6月15日、3か月の自宅待機を経てクラスレッスンが再開。

マチュー・ガニオ、ユーゴ・マルシャン、ジェルマン・ルーヴェ、アマンディーヌ・アルビッソン等、最高位のエトワールたちが、かつてない状況下、“オペラ座の宝”といわれる演目、ヌレエフ振付の超大作「ラ・バヤデール」の年末公演に向け稽古を重ねていく。しかし、再びの感染拡大に伴い、開幕目前に無観客配信となり、初日が千秋楽となる幻の公演となってしまう。心技体が揃う絶頂期が短く、42歳でバレエ団との契約が終了となる彼らにとって、それは落胆の決断であった。だが、そんな激動の中で新エトワールが誕生―。カメラはダンサーたちの心境に寄り添いながら、本番までの特別なシーズンを捉えていく。こうして、芸術の殿堂パリ・オペラ座の新たなる歴史の幕が上がる。

これまで見たことのない、パリ・オペラ座の日々を追った情熱のドキュメンタリー映画がいよいよ公開。

出演:パリ・オペラ座バレエ

アマンディーヌ・アルビッソン、レオノール・ボラック、ヴァランティーヌ・コラサント、ドロテ・ジルベール、リュドミラ・パリエロ、パク・セウン、マチュー・ガニオ、マチアス・エイマン、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、ポール・マルク

アレクサンダー・ネーフ(パリ・オペラ座総裁)、オレリー・デュポン(バレエ団芸術監督)

監督:プリシラ・ピザート

2021年/フランス/カラー/ビスタ/ステレオ/73分/原題:Une saison (très) particulière/字幕翻訳:古田由紀子

An EX NIHILO, OPERA NATIONAL DE PARIS AND LA FONDATION RUDOLF NOUREEV COPRODUCTION, with the support of France Télévisions, CNC

© Ex Nihilo – Opéra national de Paris – Fondation Rudolf Noureev – 2021

提供:dbi.inc.  EX NIHILO  配給:ギャガ

公式HP: gaga.ne.jp/parisopera_unusual  Twitter: Twitter@new_parisopera